司法書士

不動産登記のプロである司法書士に家族信託を依頼するとはどういうことか、メリット及びデメリットや報酬の相場などを紹介します。

契約書作成だけでなく、不動産登記手続きが伴う家族信託について、どんな点に着目すべきかもわかるでしょう。

司法書士による家族信託の特徴

司法書士の主な仕事は、法律関連の書類を作ったり、その手続きを代行してくれるというもの。書士とは、簡単にいえば書類作成のプロという意味だと思ってください。

いわゆる登記業務の依頼先が司法書士であり、不動産登記や債権譲渡・動産譲渡登記から法人登録にするための商業登記などに対応しています。

家族信託では、信託契約書の作成を依頼することになるので、契約書作成を専門で行っているような司法書士事務所に相談するのがいいでしょう。

司法書士による家族信託のメリット

家族信託するということは、信託契約書を作成することになり、書類作成のプロである司法書士に任せる、というのが一面。信託契約書を作るだけという意味では、弁護士や行政書士でもできます。

ポイントとなるのは、信託する資産の中に不動産があるケース。信託登記しなければならないので、司法書士なら法務局の手続きを含めてワンストップ対応してもらえます。

これを弁護士や行政書士に依頼してしまうと、信託登記手続きだけ、改めて司法書士に依頼しなければなりません。

司法書士による家族信託のデメリット

司法書士の業務は書類作成や手続きとなるので、弁護士との比較でデメリットを挙げるとすれば、法律に関する知識やノウハウなどは、やはり弁護士の方が優位といえるでしょう。

家族信託について、疑問や心配ごとなどを相談できる法律の専門家は弁護士ということになります。

司法書士による家族信託の費用相場

司法書士に信託契約書の作成をお願いした場合、費用の目安は45万~60万円程度といわれています。この費用は初期のヒアリングやコンサルティングにあたる稼働なども含まれていて、純粋な契約書類作成費用というわけではありません。

費用に影響するのは、信託財産の内容やボリュームなど。実際の費用はケースバイケースとなることも珍しくありません。相場といっても、司法書士による家族信託は市場価格として平均化できるほど事例が豊富なわけでもないのが実状です。

事例から学ぶ
カンタン家族信託
司法書士

親が認知症になり資産運用を引き継ぎたい、二次相続以降を自分で細かく決めておきたいなど、家族信託を最大限活用するための事例を集めました。