シャイン司法書士法人・行政書士事務所

シャイン司法書士法人・行政書士事務所の公式サイトキャプチャ
引用元HP:シャイン司法書士法人・行政書士事務所公式サイト
https://shine-kazokushintaku.com/
相続に関連する相談対応で5,000件以上の実績あり!

シャイン司法書士法人・行政書士事務所は大阪本店の他にも京都支店があり、近畿圏を中心に活動しています。相続に関連する相談では、これまでに5,000件以上の実績を持っていますし、家族信託の設計コンサルティングにも精通しているのが大きな特徴です。また何度でも無料相談が可能であり、気軽に相談できます。

家族信託は比較的歴史の浅い仕組みなので、司法書士法人の中でも豊富な実績を持つのは頼れる存在です。

遺言書作成や贈与、成年後見制度でも最適プランを提案

相続関連の実績が豊富な事務所ということもあって、家族信託はもちろんのこと、遺言書作成や贈与、成年後見制度においても最適なプランの提案が期待できます。

司法書士と行政書士がいる法人組織で、専門知識とノウハウを持った複数の相続のプロがいるので、個別事情に合わせた多角的視点での検証や柔軟な対応が可能な体制を持っているといえるでしょう。

料金コンサル費用

信託財産の
評価額
手数料
家族信託設計
コンサル
ティング費用
1億円以下
の部分
1%
(3,000万円
以下の場合は、
最低額30万円)
1億円超
3億円以下
の部分
0.5%
3億円超
5億円以下
の部分
0.3%
5億円超
10億円以下
の部分
0.2%
10億円超の部分 0.1%
家族信託契約
書作成費用
1契約 15万円
信託登記費用 1登記費用 10万円
信託監督人・
受益者代理人
を置く場合
(当事務所に
依頼する場合)
月額 1万円

家族信託の事例紹介

父親が経営するアパートの管理を子世代に継承

母親は既に他界。高齢になった父親ひとりで賃貸アパートの経営管理をしている状況です。家族が抱える課題としては、賃貸アパートの管理が父親の負担になっていることと、将来の相続でトラブルにならないよう、早いうちに対策をしておきたいというものでした。

家族信託で定めたのは、父親を委託者兼第一次受益者として、長男が受託者に、長男と長女を第二次受益者としました。これによって、父親が元気なうちは賃料収入をそのまま受け取ることができますし、相続時にも共有名義にならないのがポイントです。

実家で一人暮らしをする母親の認知症対策

父親は他界していて、高齢の母親が実家で一人暮らしをしています。長男と長女は遠方に住んでいて、近年物忘れが増えてきた母親の認知症を心配していました。

実家という不動産資産があると、認知症になった時に成年後見制度では親族が後見人になれないというのが懸念点。そこで、家族信託で長女を実家の受託者にしました。これによって、母親が認知症になった際、実家を売却することで老人ホームの費用に充てることも可能となります。

シャイン司法書士法人・行政書士事務所の口コミ・評判

分かりやすい説明と親身な対応が◎

「身内のゴタゴタに巻き込まれそうになり、シャインさんに相談しました。こういったことに知識がなくて不安でしたが、丁寧に説明してくれたので問題なかったです。また、いろいろあって落ち込んでいた私を優しく励ましてくれました。また何かあれば、ぜひこちらに相談しようと思います」

納得の価格設定でした

「父が亡くなり、さまざまな手続きが必要になりました。いくつかの司法書士事務所に問い合わせたところ、一番電話対応の感じが良かったのがシャインさんです。説明が丁寧で、費用も納得。親身になって対応していただき、無事解決できました」

相談後の対応がスピーディー!

「無料の電話相談の際にとても親切に対応いただき、相談後の対応もとても早くて「信頼できる司法書士事務所だ」と感じました。支払いも分割払いができたので助かりました!たくさんの司法書士事務所があって選ぶのに悩みましたが、こちらに頼んで大正解だったと思います」

取扱い分野・得意分野

  • 家族信託設計コンサルティング
  • 家族信託契約書の作成
  • 信託財産に不動産がある場合の名義変更登記
  • 信託口座の開設手続き
  • 信託監督人や受益者代理人への就任
  • 登記事項証明書、戸籍等の必要書類の収集
  • 公証人との手続き対応
  • 公証役場への立会
  • 家族信託導入後のご相談

シャイン司法書士法人・行政書士事務所の概要

対応エリア 近畿圏内+その他エリアも対応可能
所在地 〒540-6591 大阪府大阪市中央区大手前1-7-31 OMMビル12F
アクセス 1分(天満橋駅より)
営業時間 9:00~20:00(電話無料相談)
事例から学ぶ
カンタン家族信託
司法書士

親が認知症になり資産運用を引き継ぎたい、二次相続以降を自分で細かく決めておきたいなど、家族信託を最大限活用するための事例を集めました。