家族信託を活用すべき【親なき後問題対策】

問題が起きてからでは間に合わない信託問題のうち、ここでは親なき後問題など、障がいをもつ子どもの親が知っておきたい家族信託の情報をまとめています。

家族信託について知っておくことで、子どもの将来が大きく変わる可能性も。一度、目をとおしてみてください。

家族信託で親なき後問題対策するメリット

障がいのある子どもをもつ親にとって、頭を悩ませるのが「自分たち(親)がいなくなったあと、この子はちゃんと生きていけるだろうか」「誰が助けてくれるだろうか」と心配です。両親が若いうちはあまり心配はなくても、自分たちが高齢であればあるほど、切実な問題として親なき後問題は胸を絞めつけてきます。

そんなとき、ぜひ覚えておいてほしいのが「家族信託」。家族信託では、財産・資産から生まれる利益を、だれにうけとらせるかを決めることができます。

たとえば、賃貸収入のある不動産を所有しているのであれば、その物件を信頼できる家族・親族に管理・運用を信託。そして賃貸収入でえた利益を、障がいのある子どもに受けとらせるようにすることができるのです。

生前贈与であれば、物件は贈与された第三者のものとなり、不動産は失われます。しかし、家族信託であれば、あくまで「信用して管理を委託」するだけなので、完全に失われることはありません。管理だけ第三者に任せ、その利益をうけとる人を別に決められるため、障がいの子どもが物件を運営する必要もないのです。

また、生前贈与などとは異なり、相続税もかかならいので、資産をまるまる譲ることができるというメリットもあります。

親なき後問題対策でよくある相談事例

核家族が当たり前となり、人間関係の薄れる現代において、社会問題ともいえる親なき後問題。それだけに、実際に悩んでいる方も少なくありません。そこで、親なき後問題でよくある相談事例をもとに、その解決策をみていきましょう。

障がいを持つ息子に遺産を遺すが、もし息子が亡くなる時に余ってたら息子の世話をしてくれた施設に寄付したい

長男に知的障がいがあり、親なき後問題を心配する夫婦。収入に困らないよう、所有するアパートや預貯金を長男に相続させたいが、物件の運営・運用、お金の管理は無理なので、どうすればよいのか途方に暮れているという相談です。

なかなか難しい問題ですが、すべてを解決できる制度があります。また、長男が亡くなった後に残った資産を譲る相手を決められるという利点もあるので、ぜひチェックしておいてください。

障がいを持つ息子の亡きあと、そ世話をしてくれた施設に寄付したい事例(親なき後問題対策)の
詳しい内容をもっと見る

事例から学ぶ
カンタン家族信託
司法書士

親が認知症になり資産運用を引き継ぎたい、二次相続以降を自分で細かく決めておきたいなど、家族信託を最大限活用するための事例を集めました。