10分で理解できる! 家族信託まるわかり事例集【大阪編】 » 「家族信託」をわかりやすく解説!

「家族信託」をわかりやすく解説!

信託とは、資産を預けて管理運用するもの。受託者が営利目的だと商事信託と呼ばれ、投資信託などの金融商品がこれに該当します。一方、相続に関連するのは受託者が営利目的としない民事信託で、家族を受託者とするのが家族信託と呼ばれる仕組みです。

つまり、財産をさまざまな相手に預けることで管理・運用する「信託」の中でも、家族に財産を預けて管理・運用することが「家族信託」であるといえます。

そもそも家族信託とは?わかりやすく解説

具体的な家族信託の役割を知るには、利用する場合の実例を学ぶとわかりやすくなります。

家族信託を利用する理由として多く挙げられるのが、加齢や認知症、あるいは本人の死亡などで自分の財産を自分の意思決定能力を持って管理・運用できなくなった事態に備えたいときです。

まだ十分な意思決定能力がある段階で、自分の財産の管理・運用を家族の誰かに依頼しておくことで、自分の意思決定能力が失われた後でも問題なく財産を管理できるようになるからです。

高齢化が急激に進行している現代では、高齢の財産保有者が認知症などで十分な意思決定能力を失ってしまったことにより、本人の所有する財産を自由に管理・運営できなくなるケースが数多くあります。

誰も住まなくなっているのに実家が売却できない、定期預金が解約できないといったトラブルが起こり、最終的には、財産が凍結されてしまう場合もあるのです。家族信託はそうした事態を防ぐために非常に有効な手立てとなります。

家族信託では、財産の所有者である親が委託者、親の財産の管理・運用を任される家族が受託者となります。受託者は自信が意思決定能力を失った後の財産の管理・運用方法を信託契約として取りまとめ、受託者はその信託契約に基づいて適切な財産の管理・運用を行います。

家族信託の手続きの流れ

家族信託の専門家である司法書士に依頼するケースを想定して、家族信託の流れを簡潔に説明しています。

目的確定→信託契約書作成→不動産の名義変更(不動産がある場合)→信託専用口座開設(現預金がある場合)

これが基本の流れ。書類作成や名義変更以外なら一般人でもできそうな気がしますが、実は目的を決めるプロセスでも専門知識や経験が不可欠です。

家族信託の手続きの流れを
もっと詳しく知る

家族信託のメリット・デメリット

家族信託は二次相続に利用できたり、認知症対策としては成年後見制度よりも自由度が高いといったメリットがあります。

一方、法廷相続人の遺留分は侵害できない点や弁護士や司法書士といったプロを受託者にすることができない点など、デメリットともいえる注意点があります。

目的と事情に合わせてできるだけメリットを活用するのが家族信託活用のコツです。

家族信託のメリット・デメリットを
もっと詳しく知る

家族信託の費用相場

家族信託にかかる費用は、専門家への報酬や税金、そして実費などに分類できます。

相談先となる司法書士や弁護士などの報酬は契約内容や財産評価額に影響しますし、不動産登記が必要であれば司法書士への登記報酬が発生します。

詳細ページでは家族信託の主要項目について、費用目安などをまとめてみました。見積もりをとる際の参考にしてください。

家族信託の費用相場を
もっと詳しく知る

家族信託にかかる税金

家族信託は相続対策で利用できる方策のひとつ。相続税や贈与税が課されるのが基本となります。そういう意味では節税効果を期待する手法というわけではないものの、事業継承で利用する場合は節税になる可能性もあります。

また、実家の土地家屋など不動産が信託財産に含まれる場合、登録免許税と固定資産税が誰の負担になるか、理解しておきましょう。

家族信託にかかる税金を
もっと詳しく知る

事例から学ぶ
カンタン家族信託
司法書士

親が認知症になり資産運用を引き継ぎたい、二次相続以降を自分で細かく決めておきたいなど、家族信託を最大限活用するための事例を集めました。