公開日: |最終更新日時:

ひかり司法書士法人 大阪オフィスが行う家族信託の特徴

ひかり司法書士法人の公式サイトキャプチャ
引用元HP:ひかり司法書士法人 大阪オフィス 公式サイト
https://hikari-sihoushosi.com/
家族信託をトータルでサポート

ひかり司法書士法人は、家族信託をトータルでサポートしてくれる司法書士事務所。大阪以外にも、東京や京都などでオフィスを構えています。

提供しているサービスは幅広く、家族信託のプラン設計から不動産登記・信託口座のサポート、信託契約後のアドバイスまで受けられるのが強み。相続や遺産整理に詳しいプロが対応しますので、最後まで安心して任せることができます。

個々のケースに合わせた家族信託を提案

適した家族信託のプランは人それぞれ。ひかり司法書士法人では、個々のケースに適切な家族信託のプランを作成しています。家族信託のプロの司法書士が対応し、将来的な変化やさまざまな場面を想定した家族信託を設計。依頼主のニーズを汲み取りつつ、多様なケースに対応できるプランを提案してくれます。

家族信託、どこにお願いすればいいかわからない。くわしく家族信託の制度や解決策を知りたい場合は、無料相談ができる事務所かどうかにも注目してみてください。

料金コンサル費用

信託財産の
評価額
手数料
家族信託設計
コンサルティング費用
3,000万円以下 15万円
3,000万円超
1億円以下
1,000万円ごとに5万円追加
1億円超 1億円ごとに20万円追加
信託契約書作成 1契約 15万円
信託登記の報酬 1登記費用 10万円
信託監督人、受益者代理人報酬 月額 1万円

※いずれも税不明

家族信託の事例紹介

障害を抱える娘のために家族信託を実施

妻を亡くしたYさんは、統合失調症を患う長女のNさんと二人で暮らしています。長男のIさんは結婚して自活しており、次女のKさんは外国人と結婚して海外で暮らすも音信不通。Yさんには十分な貯金があるものの、自分にもしものことがあった後のNさんを心配していました。DYさんはさんに遺産を遺したくない一方、IさんにNさんの面倒を見てもらえるなら、全財産の相続も検討していました。

そこで家族信託を行い、受託者をIさん、受益者をYさんとNさんの二人に。別途司法書士のOを信託管財人としました。法定後見制度を利用して、YさんとOを成年後見人とすることで、Yさん自身に万が一があった時も困らない体制を整えました。また、Iさんと信託契約を締結し、相続財産の管理を一任することとしました。これにより、Yさん死去後もNさんが財産管理をする必要がなくなりました。Nさんの日常の世話は後見人が担うため、Iさんの負担軽減も実現しています。

参照元:ひかり家族信託サポートサービス(https://hikari-souzoku.com/kazokushintaku/2019/06/18/jiewi02/

ひかり司法書士法人 大阪オフィスの口コミ・評判

口コミは見つかりませんでした。

取扱い分野・得意分野

  • 家族信託の提案
  • 信託契約書の作成
  • 信託財産の不動産登記サポート
  • 信託口座の開設サポート
  • 導入後のアドバイス

ひかり司法書士法人 大阪オフィスの概要

対応エリア 記載なし
所在地 〒540-0012 大阪市中央区谷町1−7−4 MF天満橋ビル3F
アクセス 記載なし
営業時間 9:00〜21:00(電話受付時間・土日祝も対応)
電話番号 0120-936-507
電話など無料相談の有無 記載なし

まずは無料で相談! 家族信託に強い
大阪の司法書士事務所を見る

事例から学ぶ
カンタン家族信託
司法書士

親が認知症になり資産運用を引き継ぎたい、二次相続以降を自分で細かく決めておきたいなど、家族信託を最大限活用するための事例を集めました。