司法書士法人C-first 大阪事務所

司法書士法人C-first 大阪事務所の公式サイトキャプチャ
引用元HP:司法書士法人C-first 大阪事務所公式サイト
http://c-first.jp/family/
大阪家族信託相談窓口で資産管理や継承に対応

大阪家族信託相談窓口を運営する司法書士法人C-first。

ここでは、認知症対策や相続対策、事業継承対策として、家族信託による資産管理や継承の様々なプランを提案しています。家族信託提案サポート費用は5万円(税別)で、相続税の診断は別途税理士を紹介することで対応。司法書士が11人いる事務所で、家族信託専門士が2人いるのも安心です。

立地のよさや女性スタッフの多さで相談しやすい

司法書士法人C-firstは岸和田事務所がJR東岸和田駅から徒歩11分、大阪事務所が地下鉄四つ橋駅から徒歩1分と、アクセスに便利なのが強み。さらに、相談は初回だけでなく何度でも無料対応していることから、相談のしやすさで優位性を持っています。

20年以上の歴史があり、スタッフが30名規模の事務所で、半分以上は女性スタッフが占めています。

料金コンサル費用

家族信託提案サポート費用/5万円(税別)

信託財産の評価額 手数料
1億円以下の部分 1%
(3,000万円以下の場合は、
最低額30万円)
1億円超3億円以下の部分 0.5%
3億円超5億円以下の部分 0.3%
5億円超10億円以下の部分 0.2%
10億円超の部分 0.1%

家族信託の事例紹介

オーナー社長である父親の認知症対策を検討

オーナー社長でもある父親に、認知症の不安が持ち上がり、長男への事業継承を進めながら他に2人いる子たちに支障なく財産を分け与えたいという相談。

このように、当人が資産を持つ人物の場合、親族が成年後見人になることはできないため、父親が認知症になってしまうと、会社の経営にも影響が出ます。相続するにしても、株式を準共有するのはあまり得策とはいえません。

そこで、家族信託によって父親が委託者・指図権者兼第一受益者として長男を受託者に、3人いる子全員を第二受益者とすることでトラブルを抑制しています。

長男と後妻との遺産分割トラブルを懸念

妻を亡くした高齢男性には息子が1人。投資用マンションを所有していて、再婚した女性にも娘がいて、遺言書を作成するか、家族信託を活用するか、どちらがよいかの相談でした。

相談者は自分が亡くなった後、長男と後妻との間で遺産分割協議のトラブルにならないかを懸念。そのため、遺言ではなく、家族信託を使って長男を受託者に、再婚相手を第二受益者としました。

なお、家族信託と遺言は合わせて利用できるので、投資用マンションの収益と他の信託財産を分けるなどの調整もしやすくなります。

司法書士法人C-first 大阪事務所の口コミ・評判

丁寧で明るい接客がよかったです

「相談したいことがあり、C-firstさんを訪れました。とてもきれいな事務所で、接客も丁寧で明るく、好感を持ちました。料金も適正価格で問題なし。難しい手続きも、こちらが理解できるまで根気強く説明してくれました」

こまめな電話連絡が好印象でした

「こういったことに無知で、どうしたらいいのか不安でいっぱいの状態で電話問い合わせしました。そのときの対応がとても親切で、説明もたいへん分かりやすかったです。相談中は電話連絡もこまめにいただけました。対応がきめ細かで、安心できる司法書士事務所だと思います」

何度でも相談に乗ってもらえる

「実際に足を運んでみるまでは不安と緊張でいっぱいでした。でも、いざ相談に行ってみたら皆さんの優しい雰囲気とキレイな事務所のおかげで落ち着き、リラックスしながら相談できました。手続き中、分からないことがあって何度もお電話してしまいましたが、一切めんどくさがらず毎回丁寧に対応していただけましたよ」

取扱い分野・得意分野

  • 家族信託
  • 相続
  • 借金
  • 成年後見
  • 家・土地
  • 会社

司法書士法人C-first 大阪事務所の概要

対応エリア 大阪府、和歌山県、京都府、兵庫県、奈良県関西一円
所在地 〒596-0823 大阪府岸和田市下松町5058番地 MM88ビル
アクセス 11分(東岸和田駅より)
営業時間 平日9:00~19:00
事例から学ぶ
カンタン家族信託
司法書士

親が認知症になり資産運用を引き継ぎたい、二次相続以降を自分で細かく決めておきたいなど、家族信託を最大限活用するための事例を集めました。