公開日: |最終更新日時:

リーガルプラザ司法書士事務所

リーガルプラザ司法書士事務所の公式サイトキャプチャ
引用元HP:リーガルプラザ司法書士事務所公式サイト
https://osaka-shintaku.com/
家族信託・相続・遺言を専門に行っている事務所

リーガルプラザ司法書士事務所は開業以来、遺言や相続などの業務を専門に行ってきた司法書士事務所です。司法書士や弁護士の資格を持っているからと言って家族信託をきちんと行えるわけではありません。状況や希望によって様々な選択肢があり、開業以来専門に行って、ノウハウを生かした対応を行います。また、一般社団法人民事信託士協会の研修を終えた民間信託士であるため、信託についても精通しているため安心して任せることができる事務所です。

他業種と連携を行い対応

司法書士事務所の専門知識を生かした業務だけではなく他業種との連携を行ったサポートが特徴です。税理士、弁護士、不動産業、保険業等の他業種と連携し、トータルでのサポートを可能としています。また、相談窓口を一本化することが可能になり、手続きや対応を一本化できる点もメリットと言えます。

休日や夜間の対応も可能

リーガル司法書士事務所では夜間や休日の対応が可能です。平日の昼間は仕事で時間がなく相談できない。そんな方にお勧めできる事務所です。交通の便も良く、まずは気軽に相談できるような事務所づくりを行っています。家族信託はご家族の同意など様々な問題があります。じっくりと時間をかけてヒアリングすることでそれらを解決していくよう努力しています。

家族信託、どこにお願いすればいいかわからない。くわしく家族信託の制度や解決策を知りたい場合は、無料相談ができる事務所かどうかにも注目してみてください。

料金コンサル費用

信託財産の評価額 手数料
家族信託設計
コンサルティング費用
30,000万円以下 30万円
1億円以下の部分 1%

1億円超3億円以下の部分

0.5%
信託登記費用 1登記費用 100,000円~
家族信託提案書 1契約 50,000円

家族信託の事例紹介

マンションの管理を親から子世代へ継承

親の所有するマンションは数年後に大規模修繕を控えています。親が認知症になった場合、法律上の「契約」に当たる行為ができないため大規模修繕を代わりに子が行うことができない可能性浮上しました。そのため家族信託を行うことで子がマンションの管理を行うことが可能となりました。

認知症になった配偶者の生活を守るため家族信託を活用

認知症になった妻のために自分が他界した後は預貯金や不動産を活用し、妻の生活の安定のために使ってほしいと考えている依頼主。しかし、子供たちとの関係が良好ではなく妻のためにお金をしっかりと管理してくれるか心配です。

家族信託を契約することで、子に自分の遺産を妻のために使ってもらえるよう財産を信託することができます。遺産協議が成立せずとも信託財産から妻の生活を安定して送れるようにすることができました。

リーガルプラザ司法書士事務所の口コミ・評判

誠意を感じることができる対応でした

「どの司法書士さんにお願いするか悩んでいたところリーガルプラザ司法書士事務所へ電話した際、事務所で対応していただいた際、誠意を感じれえる対応をしていただきました。説明も丁寧でわかりやすく、安心してお任せすることができました」

費用に関してわかりやすかった

「預金と不動産などの財産の名義変更をお願いしました。費用に関してしっかりとわかりやすく説明していただき、安心してお任せすることができました」

些細なこともしっかりと対応してくれた

「以前別件でお世話になり、ある程度事情をご存じであるため再度お願いしました。どんな些細なことも聞いてくださり、時間外でも嫌な顔せずに対応していただき感謝しています。連携していただいた不動産会社の方もいい方で良かったです。」

取扱い分野・得意分野

  • 家族信託設計コンサルティング
  • 家族信託契約書の作成
  • 信託財産に不動産がある場合の名義変更登記
  • 信託口座の開設手続き
  • 信託監督人や受益者代理人への就任
  • 登記事項証明書、戸籍等の必要書類の収集
  • 公証人との手続き対応
  • 公証役場への立会
  • 家族信託導入後のご相談

リーガルプラザ司法書士事務所事務所の概要

対応エリア 近畿圏内+その他エリアも対応可能
所在地 〒530-0001
大阪市北区梅田1-3-1-1000号 大阪駅前第1ビル10階
アクセス JR在来線「北新地駅」11-4より徒歩1分
営業時間 9:00~20:00
電話番号 06-6343-2515
電話など無料相談の有無 9:00〜20:00
事例から学ぶ
カンタン家族信託
司法書士

親が認知症になり資産運用を引き継ぎたい、二次相続以降を自分で細かく決めておきたいなど、家族信託を最大限活用するための事例を集めました。